驚きました♪

今日は遊園地には行かず、とある児童館の図書スペースにいきました。
一緒にいた子供が読書に夢中になっていたので、なんとなく、私も近くにある本を読むことに。


タイトルは「ほね」。。笑
その名の通り、人間や動物の骨の仕組みや、脳や臓器といった大事なものを守るための存在なんだ、ということが記されておりました。


中でも知って驚いたのが、コウモリの羽にも骨があり、それは人間でいう手の指の骨だそう!
(話逸れますが傘=コウモリと呼び始めた方、言い得て妙ですね。強風なんかで「骨折れる」といいますし。)


ということは、私たちが指先を動かす感覚でコウモリは羽をバサバサやっているということですね?
めっちゃ簡単で自由自在じゃないですか!


指を動かしただけで人間も空を飛べれば良いのに(-.-)
あ、でもコウモリだと、洞窟とか洞穴とか、暗闇限定はちょっと嫌かもですね(笑)