YoKo-saan’s BLOG

🎶ホルンとピアノ🎶

泣く生徒さんへの対処法。

どもども(^o^)

 

早速本題ですが、レッスン中に泣き出してしまう生徒さん、いますよね~。

特に発表会が近い時期なんかは、こちらも力が入ってしまうので...

泣いてしまう原因として、

 

①先生が怒る、口調が強い

②弾けない自分に腹が立つ

 

が主なところですかね?

②は文にするとストイックっぽくてカッコいい(笑)

昔は楽譜の角で頭叩かれたとか聞きましたよ。

それに比べたら穏やかな時代ですよ♪

 

 

見ていると、①から入って、最終的に②で泣いている子が多いのかと思います。

私、怒っちゃいないですけどね?(笑)

そりゃあ何度も同じところを間違えて、気にせずずっと間違え続けていたら「そこはしっかり意識しよう」となります。

それが週を跨いでも跨いでも同じだった場合なら尚更。

それを伝える時は厳しめにいきますね。

 

 

でも涙を流せるということは、何かしら感じてくれているということなので、私は嬉しいですよ。

 

 

あ、対応の仕方は、ズバリ『無視』です!

実際にシカトはしませんよ?

泣いている事に対して、何も言いません。

気付いていないフリをします。

 

 

子供にもプライドはあるし、中には泣き顔を見られたくなさそうにしてる子もいるんです。(可愛い♪(笑))

でもあまりに鼻水ズルズルとかやっていたら、ティッシュくらいは渡すかな(笑)

 

 

「今日、レッスンうまくいかなくて泣けてきちゃった...(シュン😢)」で終わらせるのではなく、いかに次回のレッスンに繋げられるかが勝負!!

↑これは思い出として胸にしまおうか(^-^)

 

 

無理難題を突き付けることはしないです。

各自のレベルに見合ったものを提供しているので、完成度をどこまであげられるかは、生徒さんの努力次第ですね!

そこに精一杯力添えするまでです!

期待しています!